関西近辺のレーシック:お勧め医院ランキング|ネット上のレーシック医院へのネガティブ情報について

レーシックのクリニックのネガティブな情報が氾濫していますが・・・

今回紹介している医院の中でも、ネガティブ情報がよせられていることがあります。

 

ただ、そのような情報のようなケースがどれくらいの確率で起こるのか、といったこと

 

や、どれくらいの真実性があるかといったことは、なかなか判断がつきにくいところ

 

です。

 

また、その医院独自に、コスト以外にも、特定の施術方法について多くの症例

 

を持っているなど、いろいろと患者さんにとっていい面もあります。

 

そのようなメリットを享受するチャンスを失うことは、患者さんにとっても不利益になる

 

可能性もあるため、情報の掲載はさせていただいております。

 

 

レーシック難民問題〜自分がレーシック難民にならないために

 レーシック難民、という言葉も、最近よく耳にしますね。

 

 原因不明の痛みや違和感があるのに、クリニックで相談しても、計測

 

データ上は問題がないので、クリニック側も軽くあしらってしまう。

 

 目の症状のため仕事にも影響が出てしまい、仕事をやめたり、精神科

 

の門をたたいたりしてしまう。

 

 

 こういった問題を防ぐためにも、手術を受ける前の診察段階や、診察を

 

受けた後、手術を受けるかどうかの選択は、さまざまな判断材料を元に

 

慎重に行うべきだと思います。

 

 

 術前検査を受ける際に、クリニックでレーシックのリスクについては必ずお話

 

を聞いておくようにしてください。

 

 最近は、消費者庁の国民生活センターが、このような勧告も出しています。

 

レーシック手術を安易に受けることは避け、リスクの説明を十分受けましょう!

 

 検査などの際に、ちゃんとリスクについての説明をしてくれるかどうかも、その

 

クリニックが信頼できるかどうかを判断するいい材料になるかもしれませんね。

 

 セカンドオピニオンを参考にするのもいいですし、手術を受ける前の段階

 

で複数のクリニックを受診して相談する、というのでもいいでしょう。

 

 レーシック難民への対応を手掛けている医師を探す、というのもいいで

 

しょう。

 

※こちらの本を書かれた吉田憲次先生は、レーシック難民の救済を

 

行う数少ない医師の一人、とのことです。

 



レーシック難民の救済

 

 

フェイスブックページ開設しています。


 
トップページ クリニックを選ぶポイント 視力回復の豆知識 特典・割引・制度 都道府県別クリニック情報