関西近辺のレーシック:お勧め医院ランキング|レーシック以外に、どんな視力回復方法がある?

レーシック以外の視力回復方法

 レーシックって、どういう手術?にて、レーシックは

 

レーシック=フラップ作成+エキシマレーザーで角膜を削る

 

手術だということはお伝えしました。

 

 

 この分類で表にしてみると、大まかにこういう感じに分けられます。

 

矯正方法 フラップの有無 前処理 術式名

エキシマレーザーを
使用する

フラップを作成する

マイクロケラトーム レーシック
イントラレーザー イントラレーシック
フラップを作成しない エピケラトーム

エピレーシック

(エピPRK)

金属ブラシ
金属ヘラ
エキシマレーザー

PRK
アルコール溶液 ラセック

エキシマレーザーを
使用しない

有水晶体眼内レンズ・角膜内リング・RK(放射状角膜切開)

 

 

 すべて近視矯正手術ですが、色がついている部分が、いわゆるレーシックです。

 

 レーシック専門クリニックでも、必ずしもレーシックばかりを行っているわけではなく、強度の近視

 

や角膜が薄くて手術ができない場合など、患者さんの状態に合わせて、複数の手法を使い分け

 

るのがふつうです。

 

 (とはいえ、最近はイントラレーシックでかなり角膜が薄い人でも対応できるようになっています)

 

 また、手術に寄らない手法としては、他にも睡眠中に専用のコンタクトレンズを装着することで

 

翌日の視力回復を図るオルソケラトロジーなどがあります。

 

 

 レーシック専門をうたっているクリニックでも、CKやVue+をはじめとする老眼治療や白内障治療

 

の手術も行っているケースが多く、レーシックと組み合わせて遠近両方に対応できる手術も出てきて

 

いることも知っていたほうがいいかもしれません。

 

 

フェイスブックページ開設しています。


 
トップページ クリニックを選ぶポイント 視力回復の豆知識 特典・割引・制度 都道府県別クリニック情報