関西近辺のレーシック:お勧め医院ランキング|レーシック不適応の人はどんな人?

レーシック不適応の人はどんな人?

 レーシックを受けることが出来ない人もいます。

 

 レーシックは、レーザーで角膜を削る手術ですから、削られる角膜にそれなりの厚み

 

が必要です。

 

 そのため、もともと角膜が薄い人は、術後の角膜の強度に不安が残ります。

 

 同じ理由で、円錐角膜といって、角膜が極端に薄く、その中心部が突出する疾患

 

の人もレーシックはすすめられません。

 

 そのような、角膜に原因がある人以外にも、高血圧や糖尿病、リウマチやSLE(全身

 

性エリテマトーデス)などの膠原病の人、妊娠中の人も手術は受けられません。

 

 

 手術を受けた後に、削った角膜がなかなか治癒しないリスクがあるからです。

 

 ほかにも複数、レーシックがすすめられない人がいます。

 

 どちらにせよ、レーシックの適応検査の際に、問診票にきちんと記入して、レーシック

 

専門の眼科医に相談しましょう。

 

 服用している薬についての情報も、ちゃんと伝えてください。

 

 

  

逆にレーシックに適している人は?

 レーシックに適しているのは、いろんなドクターや経験者の話を総合すると、

 

「比較的若い世代で、視力が軽度〜中度の近視の方」

 

ってことになりそうです。

 

 強度の近視だと、ハロやグレアなどの副作用が出たり、近視に戻りやすかったりする

 

リスクがあるそうです。

 

 また、左右の目の視力に差が大きい場合も、レーシックよりは別の矯正方法を選ん

 

だほうがいいんだとか。

 

 どちらにせよ、レーシックの専門医の判断を仰いでください。

 

フェイスブックページ開設しています。


 
トップページ クリニックを選ぶポイント 視力回復の豆知識 特典・割引・制度 都道府県別クリニック情報